HOME | 学校案内 | 2020年英語必修化に向けて

2020年小学校3年生からの英会話レッスンの必修化に関して(監修者より)

みなさまご存知のとおり、2020年に小学3年生で英会話が必修化され、さらに56年生では正式な教科となります。グローバリズムのなかで文科省も本格的に英語教育に本腰を入れてきたという感がします。しかし、アジア諸国の英語教育を見てみると、韓国では1997年以来、小学3年生から週に2時間程度の英語学習を導入しています。また中国では小学1年生から週に5時間から10時間程英語の学習を行うという政策が2001年以降行われている((株) オーシャン グローバル ネットワーク調べ)ことを考えると日本ではまだまだ足りないという感がいなめません。そのように日本より先行して英語を取り入れてきた韓国、中国の人が英語がとても上手いのかと言えば、必ずしもそうとは言えないと言うのが、個人的な見解です。そう考えると残念ながら日本の小学校の教育だけで英語をマスターするのは難しそうです。
 
 子供が英語を覚えるには約1000時間が必要だといわれています。ダックポンドでは通常コースを6年間受けると1080時間になるように設定されています。英会話に重点を置く他の学校でも同じ時間を取ることができるかもしれません。しかしそれだけ膨大な貴重な時間をただ楽しいだけの英会話に費やすのは勿体ないと思いませんか? 我々が目指している教育は楽しくて、さらに本当に子供たちのためになる内容の授業を英語で行うということです。

 2020年の英語必修化に関して、大変心配をされている保護者の方もいると思います。しかし、ダックポンドの授業を受講しているお子様方にとって、英語にそれまで触れた時間が全く違う訳ですので小学校の英会話は全く問題がないでしょう。

DuckPond international school
 
ダックポンド インターナショナル 学校説明会!